足回り考察 車高調とか

今回は足回りの考察を行ってみたいと思います。
普通の人はどうだか知りませんが、
車好きな方なら、タイヤハウスの隙間は気になるところかと、
思います。

足回りを交換する目的

足回りを交換する目的として、先ずは走りを良くする為、
そして、見た目を良くする為、この2つが主流かと思います。
新しいクルマを購入した場合、いきなり足を変える人も居ますが、
持論では、購入後数ヶ月はノーマルのまま乗って、
純正の足に不満が出たところで、それを改善する為にどうしたらいいか?
そういう順番で検討するのが良いのではないかと、思います。

純正の足

その時、忘れてはいけないのは、純正の足って、結構良い、という事。
とにかく、足を車高調にしたい、とか、見た目が大事、乗り心地は無視、
とか、そういう方は何も考えずに車高調を入れたら良いと思います。
でも、毎日通勤で使ったり、人を乗せたり、そういう単に走るだけじゃない、
シチュエーションがあると、やっぱり純正のあの感じが良かった、
そう思う時が来ると思います。

結局無駄な出費

だいたい、純正の足が良いって感じるのは、
さんざんバネやダンパーを変えて、やり尽くした頃に感じるもので、
その頃には、もう元に戻れません、ってなってる事が多いです。
なので、最初に、どういう方針で、どこを目指すのか?を、
明確にしておかないと、色々回り道をして、結局無駄な出費や手間が、
かかってしまう気がします。

NDロードスターの場合

今のNDロードスターの場合、ですが、
不満な点として、見た目、でしょうか。
自分のロードスターはVSというグレードで足はビル足ではありません。
足の動き自体は純正で全く問題を感じませんが、
見た目としてホイールハウスの隙間が指何本かな、4本、5本ぐらい?
ここは、出来れば、指2本ぐらいにしたいところです。

その場合、考えないといけない点として、
先ずは乗り心地、そして、車高が下がる事による乗降の大変さ、
でしょうか。

乗り心地

乗り心地は、ある程度は犠牲になっても仕方ないですが、
内臓が揺さぶられるような、極端なのはNGでしょう。
とにかく、毎日通勤で使うので、あまりにも不快では、
困ります。
乗降ですが、純正の車高でもかなり低くて、ドアも大きく、
駐車場での乗り降りは結構苦労します。
それがさらに下がるって事なので、ここも無視は出来ません。
乗り降り出来なくなるわけではありませんが、
やはり毎日乗るものですから、乗降が大変すぎて、
乗ってられないって事になっては、本末転倒です。
その点で言うと、後で語る予定のシートにも言える事です。

別世界

ちなみに、サーキット走行するような方には、
この話は全く参考になりませんので、
別世界の検討が必要になりますね、あしからず。

足回りは交換するにしても、部品代、工賃、共にそこそこかかります。
十分に事前検討して、考え抜いてから、交換したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA