とにかくボディ剛性を高めたら良いのか?を考えてみる

車のチューニングの中で、ボディ剛性を上げる、高める、というのは王道ですが、

果たしてそれが良い結果になるか?は結構ケースバイケースだと思っています。

今回はそのあたりについて、自分の見解を綴ってみたいと思います。

車いじりの参考になれば幸いです。

ではいきます。

今までやったチューニング:ボディ剛性を高める

過去に自分が行ったボディ剛性を高めるチューニングというと、

GC8の時のリジカラ、が最初でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Spoon リジカラ 1台分 [ロードスター ND5RC 2015/5〜] スプーン リジカラ 新品
価格:23375円(税込、送料別) (2021/12/22時点)

楽天で購入

 

 

 

リジカラというのは、シャシーのフレームの接合面の繋ぎ目のボルトのセンター位置をビシッと出して、

シャシーというかボディの本来持っている、設計上理想の状態にしよう、というものです。

取り付けてどう変わったか?というと、

正直足が硬くなって、乗り心地が悪くなりました。

でもそれが本来の姿なのかもしれません。

路面のザラつきを拾うようになったので、乗り心地が悪くなったと感じていただけ、かもしれません。

良くなるという定義が難しい:ボディ剛性を高める

ここで考えたいのは、どうなれば良くなったと感じられるのか?です。

リジカラを入れて、絶対にボディ剛性は高まったはず、ですが、

それでドライバーが良くなったと感じられるか?が問題です。

単に足が硬くなって乗り心地が悪くなっただけだと、果たして本当の意味で良くなったと言えるだろうか?です。

SEVも似たような効果が出る:ボディ剛性を高める

次にSEVを取り上げます。

自分はSEVのヘビーユーザーなので、今までにSEVを付けて足が硬くなり、

路面のザラつきを拾うようになった現象を何度も体験しています。

個人的にこのような状態は好きではありません。

なので、セッティングを変えて、そうならない、又は緩和される方向にします。

 

 

メーカーがセッティングした状態:ボディ剛性を高める

そもそも車のノーマル状態では、その車の組立てられた状態で一番良い感じになるようにメーカーがセッティングしていますから、路面のザラつきが気になったり、足が硬いなぁ・・・と感じる状態にはなっていません。

そこが問題だと思うのです。

つまり、どういう事か?というとですね・・・

足が硬く感じるのは正常進化には違いない:ボディ剛性を高める

そう、足が硬く感じるのは、そこについては正常進化だと思うのです。

ただし、車全体のバランスを考えた時に、ショックやバネ、スタビなどのセッティングで色々調整が出来ると思うので、メーカーは上手にバランスをとって仕上げているわけです。

自分たちがチューニングパーツを付けて、そのバランスを狂わせているわけなので、

どうしても気になる点が出てくるのは仕方ない事だと思います。

何が言いたいのか?というと、

もし車をイジって、路面のザラつきが気になるのだったら、

そこから更に何かをイジって改善していく、というもう一手間が必要になるということです。

逆に言うと、そこまで出来ないなら、下手にイジらない方が無難かもしれません。

我慢する必要はない:ボディ剛性を高める

色々書きましたが、

お金をかけて車をイジって、結果的に気に入らない状態だったとして、

それを我慢して乗っているのって、本末転倒だと思っています。

車をいじる→車が正常進化した→必ず満足出来る、とは限りません。

満足出来ないから正常進化してないんじゃないか?と考え出すと、路地に嵌まり込みます。

サーキットを走ってタイムが削れる状態がストリートで必ずしも良い状態とは限らない、

というのは分かりやすいかもしれませんね。

そういう意味で、車いじりは奥が深いと思います。

せっかくお金をかけて楽しむのであれば、無駄にしない方向性を色々考えてみたいところです。

何かの参考になれば幸いです。では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA